DENON CDプレーヤーDCD-1650GL トレイ開閉のベルト交換

DENON DCD-1650GL

アンプの真空管交換、スピーカー工作に続きCDプレーヤーの修理です。

長い間、部屋の片隅で眠っていた真空管アンプです。 CDプレーヤーをこのアンプに繋いで音楽を聴いていた時代もありましたが、片方の真空管がダメになりそのまま放置していました。 別にオーディオマニアでもなく普段...

近頃はパソコンで気軽にCDが再生出来るようになり、以前使っていた純粋なCDプレーヤーは使うことがなくなった。もう10年以上放置しているような状況で、いざ使おうと電源は入るもののトレイの開閉がままならず困った状況です。

トレイ開閉の不良症状の確認

開閉のボタンを押すと、モーターの回転音はするもののトレイは微妙に空きかけるが、しばらくするとモーターの回転は終わり中途半端に開きかけて止まってしまう。

しょうがないので、人力で強制的にトレイを引き出しCDをセットする。

今度は引き出したトレイが閉まらないといけないのだが、ボタンを押してもモーターは回転するも肝心のトレイは閉まろうとはしない。

これも結局は人力で強制的にトレイを押し込むことになる。

しかし問題はこれだけで、再生ボタンを押せばCDは再生されるのです。

トレイの開閉さえ解決すればまだまだ現役続行なのです。

CDプレーヤーの内部の不良箇所の確認

CDプレーヤー内部の確認

何はともあれ、CDプレーヤーの上蓋を外し内部での状況を開閉ボタンを押してみて確認。

ある程度は予想していたのですが、モーターの回転を伝えるゴムベルトの不良のようでした。

ゴムベルトを外してみると、長年全く動くことのなかったベルトは固定されたままの状態でいびつな形に変形していました。

幾分硬化し変形したゴムベルトはトレイの開閉につながるギアへモーターの回転力を伝えることなく空回りをしていました。

原因が分かれば後は簡単。ゴムベルトを交換するだけです。

しかし、このゴムベルト、どこにでもあるようでどこにでもない。

その辺にある輪ゴムでも代用できそうですが、ゴムの質とか別物であり一時的には何とかならないわけでもなさそうですが、耐久性とか考えるとそれなりのものでなければなりません。

と言うわけで、ホームセンターへゴムベルトを探しに行きました。

そのものずばりのゴムベルトは無く、そこで代用になるものと言えば水回関連の機器で使用されるパッキン。

変形したゴムベルトとオ―リング

左が実際にCDプレーヤーに使われていたゴムベルト。右がホームセンターで買ってきたオ―リング。

ぱっと見、分かりにくいかもしれませんが、CDプレーヤーに使われていたゴムベルトに比べオーリングはかなり太いものです。

このオーリングををCDプレーヤーにセットしようとしたところ、太さが災いして所定の場所に収めることが出来ませんでした。

モノとしては十分に代用の利くものだったためだけに、残念な結果に終わりました。

ちなみに、このオーリングのお値段は税込み246円でした。

最後の砦 ネット通販 交換ゴムベルトの手配

アマゾンで購入したゴムベルト

身近でゴムベルトが調達できなければ、頼みの綱はネット通販です。

アマゾンで手に入れたのがこちらの交換用ゴムベルト。

色々なサイズがセットで入っているため修理範囲が広く、サイズ指定での購入が難しい時など修理しながら様々なサイズを試すことが出来ます。

注文からわずか2日後、様々なサイズの交換用ゴムベルトが届けられました。

決して値段の高いモノではないのですが、数の割に使うのはわずか一本。無駄なようだがしょうがない。

ゴムベルトの選別

この中から使えそうなものを選別。

左はくたびれ感のある弾力性を失った固く変形した純正ゴムベルト。右はアマゾンで調達した使えそうなゴムベルト。

でもこのゴムベルトは純正ゴムベルトに比べ若干細くて弱々しい。

ゴムベルト交換でとりあえずは問題解決 そして視聴。

ここに画像、映像がないのは残念なのですが、相当苦労しながらもゴムベルトの交換作業は無事に終わりました。

ゴムベルトを傷つけまいと、耳かきや爪楊枝などを使って細かい手術を行う執刀医さながらの必死のベルト交換は何とか成功しました。

その結果、トレイの開閉は難なく行われるようになり問題はひとまず解決しました。

真空管アンプ、QWT型スピーカー、DCD-1650GL

試しにいくつかのCDをセットし、真空管アンプでパイオニア6cmスピーカーユニットを鳴らすQWT型エンクロージュアをで視聴してみました。

「Stereo編 これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の特別付録6cm型フルレンジ・スピーカーユニットとの組み合わせを狙って作られたQWT型エンクロージュア・キットを組み立てました。 順を追...

わずか6cmのスピーカーからの音とは思えないほどの低音が響きます。

私はピュアなオーディオマニアではなく、プアな耳を持つオーディオマニアもどきなので、音を文章にして忠実に語ることは出来ませんが、興味半分で作った雑誌付録のスピーカーシステムには想像以上の面白さと物理的なサイズを超えた迫力を感じることが出来たのは確かです。

このところ毎年夏になると、音楽之友社の「Stereo」からムック誌でスピーカーユニットと、それに対応したスピーカーボックスのキットを付録としたものが発売されています。 これまでもそれなりにずっと興味はあった...

日本コロムビア株式会社(DENON) CDプレーヤーDCD-1650GL

 1991年(平成3年)に今回修理したDCD-1650GLは発売されたようです。

今回、ゴムベルトの交換をする際、このCDプレーヤーはどういったものだったのか調べてみたのですが、それなりに高価で高性能を謳ったCDプレーヤーだったみたいですね。

買ったと当時の事は全く覚えていませんし、なんでこんなにも値の張る商品を買ったのか全く不明です。型落ちで相当のディスカウントがあったモノを買ったのかもしれません。

日本コロムビア株式会社(DENON)ではこのたび、発売以来市場において高い評価を得ているCDプレーヤーDCD-1650GをリファインしたリミテッドモデルDCD-1650GLを発売致します。
DCD-1650GLでは、心臓部のDACに特別選別品を採用し超低ひずみ率を実現しました。さらに厳選したパーツ類の使用、徹底した防振設計などによりトータルな高音質化を実現しています。
またバランス出力を装備し、よりハイグレードなシステムへの対応を可能にするなど、高音質化を活かすための装備にもグレードアップが図られています。そしてデザイン面ではニュータイプのサイドウッドとインシュレーターを採用。ゴールドの美しい輝きを強調する洗練された表情に仕上げられています。
音質、機能、デザインのすべてにわたって最上級機に迫るグレードを達成したCDプレーヤーDCD-1650GL。DCD-1650GをはじめとするDENON CDプレーヤーシリーズの日頃のご愛顧にお応えするSpecial Limited Editionです。

詳しくは下記リンクからどうぞ!

ジョージ・ベンソンやパット・メセニーで有名なギターメーカーのIbanezは、かつてイバニーズと呼ばれていましたが、いつのまにかアイバニーズと呼ばれるようになりました。

日本国内向けIbanez公式サイトです。

いつからか、DENONもデンオンからデノンと発音するようになりました。おそらく、英語を母国語とする人たちがネイティブに発音したときの音がデノンだったからなのかもしれません。

【Denon公式製品サイト】Denonは1910年創業のオーディオブランドです。高品質を追求したAVアンプ、スピーカー、ヘッドホン等のオーディオ製品のご紹介や、その他製品カタログのご請求、修理のご依頼なども承っております。

しかし、私の個人的な心情としては、世間が「デノン」とどんなに言い張ろうとも生涯「デンオン」を貫こうと思います。

生まれた時から「デノン」の人たちにとっては何の疑問もなく「デノン」なんだろうけど、、、、。

ある種のジェネレーションギャップを感じてしまう今日この頃であります。

DCD-1650GL シリアルナンバー

20世紀最後の古き良き時代の製品だったのかもしれない。

MADE IN JAPANと表記されている。

経年劣化での多少の音飛びには目をつむり、大事に使っていこうと思う。

DCD-1650GL 内部基盤

スポンサーリンク

コメント

  1. pa2@s2.so-net.ne.jp より:

    わたしもデンオンがすっきりします。