大掃除の救世主登場「スチームクリーナー」

IMG_0929
もう12月。

歳を取ると年々、一年が早く過ぎる気がするというがまさしくその通り。あっという間の2015年である。

師走のこの時期になると、やはり大掃除をしないといけないと思うのですが、、、。毎年、普段の掃除に毛が生えたくらいでお正月を迎えるのが常になっている。

そこで今年はひとつ気合を入れて、この時のためにと秋口にスチームクリーナーを購入したのでした。

テレビショッピングで見られる、あの劇的な汚れ落としのパワーは本当なのか?
とりあえず使ってみました。

購入したのはこの手の商品としては最低クラスの価格のもの。

ある意味「安物買いの銭失い」になりかねないかという思いもありましたが、家庭用の高価格帯の商品と比べてスペック的にほとんど差はなく、業者仕様の強力モデルを望まないのであれば、これくらいで十分だと思われます。
もしこれがダメなら他の製品も大したことはないだろうと、、、、。

実際に使ってみた感じですが、大体思っていた程度のものでした。
とりあえず私は過度の期待はしていません。
テレビショッピングの中で紹介される、換気扇にねっとりと貼り付いた油汚れがいとも簡単に落ちるとは思ってはいませんし、何でもかんでもスチームだけで汚れが落ちるとも考えてもおりません。

過剰な演出とは言いませんが実演用の簡単に落ちる都合の良い油汚れと、一般家庭のそうはいかない頑固な油汚れでは比較の対象にすらなりません。

案の定、換気扇の油汚れではありませんが、我が家のレンジフード内部にこびりついた油汚れにスチームを当ててみましたが惨敗です。決して全く汚れが落ちないと言うわけではありませんが、それ単体だけで汚れを落とそうとするには相当な根気と莫大な時間そして並外れた体力が必要になります。またそれに加え、新しいレンジフードが買えるくらいの電気代、水道代も掛かるかもしれません。

積年の油汚れを3,000円足らずでなんとかしようと考える方が間違えであって、決してスチームクリーナーが悪いわけではありません。適材適所、洗剤やブラシ等の掃除用具と併用しながら使えば、それなりに強力な武器にはなります。途中、水の補給が必要になるほどの連続使用には、タンク内の温度の関係ですぐに水の補給が出来ないという、若干のまどろっこしさは有りますが、、、、。でもこれは安全上仕方ないこと。

今でこそ喫煙をやめましたが、数年前まで私はかなりのヘビースモーカーで、家中、部屋の壁紙、天井クロス、建具や家具などありとあらゆるもの全てがヤニで覆われた状態です。

化粧合板の建具や家具に高温スチームを噴射すると、ダラ~っと、茶色のヤニが溶け流れていきます。まあ、普通に水を固く絞った雑巾で拭いただけでもそこそこキレイになるんだけどね。スチームでやると根こそぎヤニを退治できるって感じ。

局所的に汚れを落とすのはパワフルで良いけど、広い面積を一度でキレイにしようとする場合、汚れ落ちがまだらになる可能性が高いので注意が必要。調子に乗って壁や天井などへの使用は控えた方が良いかもしれない。あとで往生しまっせ。(経験者談)

結論としては、他の製品と比べたわけではないですが、基本性能はカタログデータではありますが高価のものと比較しても何の遜色もありません。これで税込、送料込で2,840円なら文句はありません。

前にも書いたけど、洗剤やブラシ等と併用しながら使えば、汚れ落としの強力な武器になります。

ただし、テレビショッピングのデモンストレーションをまともに信じて大枚を叩いて買うと、おそらく落胆の度合いは思いのほか大きいかと思われます。くれぐれもお気をつけ下さい。

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: スチームクリーナー の中で最も人気のある商品です
スポンサーリンク