Amazonのダンボール箱をティッシュボックスにリメイクする!

Amazonのダンボール箱をティッシュボックスにリメイクする!

日頃から無駄な買い物はしていないつもりでも、何故か貯まるアマゾンのダンボール箱。

いつも資源ごみとして処分していますが、処分の際、何か良い使い道はないものか考えることもしばしば。

そんな時見つけた面白そうなアマゾンのダンボール箱の再利用がこれ。

ダンボールでカンタン製作できる『ダンボールインテリア生活』の提案。「マゴクラ」はマゴクラフトが運営しています。

型紙に合わせてダンボールをカットするだけでティッシュボックスが出来てしまう!

作るに当たって、これと言って難しいこともなさそうだし、特別な道具が必要なわけでもありません。

アマゾン ダンボール

幸い、このティッシュボックスを作るのにちょうど良いダンボール箱もあるので、早速作ってみました。

XM02
アマゾンのダンボール箱の裏にBX1110、またはXM02と表示があるものが、ティッシュの箱とピッタリ寸法が合うらしく、今回私が使った箱にはXM02の表示がありました。

詳しい作り方は上記のサイトにあります。動画でも分かりやすく手順が紹介されています。

型紙の印刷から完成まで一時間程度で出来ちゃいました!

6枚の型紙を貼り合わす最初の段階で多少のズレはあったものの一応形になりました。

動画の解説にもありますが、途中カッターの刃は何度か折りながら常によく切れる状態で作業をしていけば、思いのほかダンボールは綺麗に簡単にカットすることが出来ます。

取立てて実用性とかはないですが、手作りならではのAmazonのティッシュボックスの完成です。

amazon ティッシュボックス裏面

裏から見ると持ち手の部分がちょうどダンボール箱の開封口に重なり接着剤の跡が見えてしまう。下手に取り除こうとすれば余計に見栄えが悪くなりそうなのでそのままにしている。

ダンボールでカンタン製作できる『ダンボールインテリア生活』の提案。「マゴクラ」はマゴクラフトが運営しています。

一枚あると何かと便利なカッターマット

スポンサーリンク