ラジオIC LMF501を使ったキリンのラジオとLM386アンプの製作

キリンラジオ、AMループアンテナ、MINI 57 TWIN-AMP

ONE CHIP AM RADIO Using Dollar Store Items – TA7642 (UTC7642)という動画に触発されて作ったキリンのラジオです。

ラジオICは動画で使われているTA7642ではありませんが、同じ様なLMF501を使って見かけ上は完コピ(丸パクリ)してみました。

ONE CHIP AM RADIO Using Dollar Store Items – TA7642 (UTC7642)

LMF501を使っての試作

LMF501は電子パーツ通販のKURA Yahoo!店で調達し、まず最初に試しに作ったのがMizuho RX-IC3Dです。

Mizuho RX-IC3D

ここにある回路図を見てそのままブレッドボードに組んでみました。

電子工作が初心者である私でも、いとも簡単に実用性のあるラジオを作ることが出来ます。

この後、何か改良の余地はないかとブレッドボードラジオというサイトにある、ラジオ用3端子IC・LMF501Tの研究に倣い、一通り試してみました。

その結果、バーアンテナのPA-63Rのミドリの中間タップをLMF501の入力端子につないでやることに。

ローカル局はバーアンテナだけでバッチリ受信できます!

キリンを探せ!

何と言っても、このラジオの重大なポイントはキリンです。

ラジオの性能とかは、ある意味二の次でキリンがない事には始まりません。

まあ、キリンが無ければ無いで他に代わるものがあればそれでも良いのですが、やっぱりキリンです。

とにかくキリンを探しました。

捜索の結果、アマゾンでキリンを確保!

サイズ キリンさんの可愛い おしゃれ 卓上 便利 なブックエンドです。可愛い キリン ブックエンドお子様も気に入ることでしょう。スチール製の重量のあるしっかりした造りです。 子供部屋 保育園 幼稚園 オフィス などのインテリアに。可愛い ブックエンド 本立て 卓上 黄色 オレンジ 水色 色んなカラーで可愛く キリン ア...

南アメリカに広がる熱帯雨林のアマゾンにキリンがいるかいないかは知りませんが、ネットショップのアマゾンにはキリンのブックエンドが販売されていました。

動画のタイトルに”Dollar Store Items”とあるのですが、”Dollar Store”は日本の100円ショップみたいなものなのでしょうか?

そうだとするなら、日本のキリンは少々お高い気がしないでも、、、。

キリンにバリコン取り付け用のネジ穴を開ける

意匠的な穴がいくつか開いているので、バリコンの軸穴は既存の穴をそのまま利用します。

バリコンの取り付けネジ2個分とトグルスイッチ、イヤホンジャックの穴は新たにドリルで穴開けです。

バリコンの取り付け

穴に対し軸が左上に若干干渉していそうですが、ギリギリセーフ。

ランド法による基盤の作製

動画の”ONE CHIP AM RADIO”では、ベースとなる生基盤の上に小片の生基盤を貼り付けて、それらの上に各パーツをハンダ付けしているみたいです。

見よう見まねで生基盤をカットして作りました。

それぞれのパーツの大きさや、ひとつの小片に何個のパーツをハンダ付けするとかを考えてやらないと、この様な汚い仕上がりになります。

キリンのラジオ ランド法による基盤-2

最近になってこういった手法を「ランド法」と言うのだと本を読んで知りました。

作りながら理解する ラジオと電子回路

Amazonで今井 栄の作りながら理解するラジオと電子回路 (HAM TECHNICAL SERIES)。アマゾンならポイント還元本が多数。今井 栄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また作りながら理解するラジオと電子回路 (HAM TECHNICAL SERIES)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
ONE CHIP AM RADIO LMF501
その昔、FENと呼ばれていたAFNですが、今ではradikoと同じようにインターネットで聴けるようになった事を先日知りました。

LM386との組み合わせ

やさしい電子工作教室 オーディオ・アンプ386

キリンのラジオをLM386のアンプにつなぎ、シャンテック電子のアンプキットに付いてた50口径のスピーカーで鳴らしてみました。

2SC1815を2個使用した2石簡易アンプキットセラミックイヤホンに代えてスピーカーを鳴らすアンプキットです蚊の鳴くような音量のゲルマニウムラジオに接続すると、蚊が大きくなった感じのスピーカー音量となります(送料180円)
LMF501 and LM386

後になって、こちらのイヤホン式ICラジオのようにトランジスタをひとつ追加して、マグネチックイヤホンが使用できるものにすれば良かったかなと思う今日この頃です。

3端子ラジオIC:LMF501Tの代替回路

キリンのラジオ完成後も、LMF501Tの代替回路として2SC1815を使ったダーリントン接続というのに置き換えたものとか、分からないなりに楽しんでいます。

Chappy Happy

キリンのラジオの元ネタの作者であるChappy Happyさんの動画は実にセンス良く、図やイラストを交えて、わかりやすく簡潔にまとめられています。

BGMや効果音など、全てにわたってプロ級の仕上がりです。(プロかもしれない。)

Travel, Audio, and Ham Radio including QRP.

AMのループアンテナの動画にも大いに影響を受けました。

AM Loop Antenna – Very Effective – DIY

こちらもほぼ完コピ、丸パクリです。

昨年、ゲルマニウムラジオや1石トランジスタラジオで遊んでいた頃、YouTubeで見つけたAMループアンテナの動画です。 これと同じようなアンテナを中学生の頃作ったことがあり、劇的な受信感度アップの威力に驚い...

LM386を使ったアンプも滅茶苦茶カッコイイ!

LM386 Portable Audio Amplifier

真似して作りたいけど、これは絶対無理。

スポンサーリンク

コメント

  1. Chappy Happy より:

    Chappy Happy のサイトにご来訪いただきありがとうございました。
    今後共どうぞよろしくお願いいたします。

    • hide より:

      Chappy Happyさん、コメントありがとうございます。
      まさかご本人からコメントを頂けるとは感激です。
      こちらこそよろしくお願いいたします。
      これからも素敵な”TEZUKURI”期待しております!