「週刊 ムーミンハウスをつくる」建築費はいくらか?計算してみた。

週刊 ムーミンハウスをつくる

週刊 ムーミンハウスをつくる」が2017年1月24日に創刊。

と言っても一部地域(宮城・岡山・香川県等)での先行試験販売ですが。

もし、全国発売となるなら6月末から7月初旬辺りじゃないかと予想します。あくまでも個人的な予想ですけどね。

デアゴスティーニより正式に全国創刊がアナウンスされました。

2017年6月27日 週刊 ムーミンハウスをつくる 2017年8月29日創刊
ムーミンたちの、優しくてちょっと不思議な世界へようこそ!!

2017年1月に始まった先行試験販売ではすぐに定期購読終了となりましたが、8月から新たに全国での発売となりました。

また今回は定期購読だけでは手に入らない「サブキャラフィギュアとジオラマシリーズ」を同時申し込みで特別価格で購入可能。

週刊 ムーミンハウスをつくる【デアゴスティーニTVCM】

いい歳したおっさんがにやけてムーミンの唄を歌いながら作っても別にかまわないけど、テレビコマーシャルを見る分にはやはり販売ターゲットは女性でしょうか。

結構、ムーミンには根強いコアなファンも大勢いらっしゃるし、ムーミン公式サイトがあるほどの人気なので、価格に関係なくそこそこ売れるとおもいますが。

Moomin Characters Official Website

さて完成時までにいくら掛かるのでしょうか。計算してみました。

「週刊 ムーミンハウスをつくる」総工費はいくら?

「週刊 ムーミンハウスをつくる」は全100号で完結で、創刊号は特別価格490円(8%消費税込)、2号以降通常価格は1,590円(8%消費税込)となっています。

総額はズバリ!

490円+1,590円×99=157,900円(8%消費税込)となります。

専用のディスプレイ台やケースは現在のところ販売予定は未定になっていますが、「販売決定次第、読者の皆さまに商品同梱チラシやWEBサイトにてお知らせする予定です。」とあります。

もし、専用のディスプレイ台やケースが発売され購入すればその分の価格が追加されます。

参考 週刊 ムーミンハウスをつくる よくあるご質問

週刊 ムーミンハウスをつくる

『ムーミン』からのせキャラが登場!!
ムーミンのキャラクターたちをくずさないように積み上げる遊び!積み上げ方は自由なので、色々情景を考えて、飾り方を工夫する面白さも味わえる☆

ムーミンのミニチュアフィギュア。ムーミン一家の食卓をテーマに、原作に出てくるエピソードを感じられるモチーフが散りばめられています。

ムーミンの人気売れ筋ランキングTOP100をご紹介しています!売行き好調の商品が集結。集計対象の期間や性別・年代別のランキングも確認できます。Tポイントも利用可能。

紙でつくるムーミン谷の仲間たち

「紙でつくるムーミン谷の仲間たち」のそのものズバリの型紙データをネットで見つけたけど、流石に気が引けるのでここでの公表はしない。

その代わりではないが、簡単に楽しめそうなのがあったのでこちらを紹介しておく。

楽天市場 ムーミン関連グッズあれこれ


Supported by 楽天ウェブサービス

ムーミン (WikipediaAPIより)

ムーミン
ムーミン(典: Mumin、芬: Muumi、英: Moomin)は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの『ムーミン・シリーズ』と呼ばれる一連の小説と絵本、および末弟ラルス・ヤンソンと共に描いた『ムーミン漫画(コミックス)』作品の総称、あるいはそれらとそれらを原作とする二次著作作品の総称。または、同作品に登場する架空の生物の種族名であり、同時に主人公(主要な登場生物)の名前でもある「ムーミントロール」の略称あるいは愛称。(次弟のペル・ウーロフ・ヤンソンもトーベと写真絵本を製作している。) 設定 トロールは北欧の民間伝承に登場する、広い意味での妖精の一種である。地域や時代によって巨人だったり小人だったりさまざまなバリエーションがあるが、人間によく似ていながら耳や鼻が大きく醜い外見を持つというイメージが共通している。しかしムーミンの物語に登場するトロールは、名前こそ借りているもののこれとは異なる、トーベ・ヤンソンが独自に創造した架空のいきものである。
ムーミン (アニメ)
『ムーミン』は「世界名作劇場 カルピスまんが劇場」(のちの世界名作劇場)で放映されたテレビアニメシリーズ。1969年版と1972年版がある。原作は同名の小説『ムーミン』シリーズ。1990年にテレスクリーンが制作し、テレビ東京系列で放映された『楽しいムーミン一家』シリーズとは別作品である。
この作品はキャラクターデザインが原作の挿絵とは大きく異なることから、原作者トーベ・ヤンソンからは難色が示された。このため、日本のスタッフが放送開始当初のデザインを原作に近い状態に変えて放送を試みたが、視聴者からキャラクターが怖いという意見が出たため、日本国内でのみ放送するという条件で、独自のキャラクターデザインに戻された。また、世界観についても原作者のヤンソンには好まれず、「私のムーミンはノー・カー、ノー・ファイト、ノー・マネーだ(車とカネを持たず、また争わない)」と言って怒ったという。

ムーミンママ
ムーミンママとは、フィンランドの児童文学作家のトーベ・ヤンソン著作の小説「ムーミン」シリーズにキャラクターで、主人公ムーミントロールの母、夫はムーミンパパ。
いつも賑やかなムーミン一家の支える人、常に赤と白の縦じまの腰巻エプロンを着用して、手には持ち手の付いた黒い鞄 ハンドバッグを携帯している。
夫や子供達に分け隔て無く愛情を注ぎ、スノークのお嬢さんやミィに時折料理を教えている。
寛容で穏やかな性格だが、時折お転婆で無鉄砲な性格が垣間見える、アニメ「楽しいムーミン一家」ではモランがトフスランとビフスランに盗まれたルビーの王様を取り返しにムーミン屋敷に来訪した時はフライパンを片手に立ち向かったり、飛行オニの帽子でムーミン屋敷が植物に乗っ取られた時は生えた果物を物怖じないで食べてムーミンパパに薦めたりとムーミン一家の中では精神的に強い方。

ムーミントロール
もともとは、イギリス 英国の新聞イブニング・ニュース紙に掲載されたヤンソンの漫画の主人公だが、これとは独立したスウェーデン語により童話が書かれるようになった。『楽しいムーミン一家』『ムーミン谷の仲間たち』ほか、多くの作品に登場する。家族構成は、父・ムーミンパパと母・ムーミンママ。フィンランドのどこかにある「Muumin Dalen」(ムーミン谷)と呼ばれる場所で、ひっそりと暮らしている。見た目は、立ち上がったカバのようである(「楽しいムーミン一家」ではカバに間違えられて怒るエピソードがあった)。冬になると家にこもって冬眠する。先祖は大きなストーブの裏側に住んでいた。
「ムーミントロール」という名前は、北欧の伝説に現れる妖精トロールからとられている。実際には、「ムーミン」という名前は妖精の種族を表すようだが、童話での「ムーミントロール」は、主人公の名前として使われている。

ムーミン・トロール
ムーミンの登場人物(ムーミンのとうじょうじんぶつ)では、小説『ムーミン』およびその派生作品に登場するキャラクターを解説する。 作者であるトーベ・ヤンソンは小説、絵本、新聞連載漫画、戯曲など様々なメディアで「ムーミン」シリーズの作品を発表したが、共通する登場人物であってもその性格付けや人間関係などが作品ごとに異なることがよく見られ、一度あるメディアで発表した作品を別のメディア向けに書き直す場合、ストーリーラインさえ大幅に変更していた。さらにアニメーションなどの二次著作においては、第三者の意図によりさらなる改変が加えられている。したがって登場人物について解説を加える際、どの作品に準拠しているのかを明確にしないとしばしば咬み合わない。本項目は現在、小説版、コミックス版、アニメ版、その他の設定が必ずしも準拠する作品を明示することなく入り混じった表記になっているため注意が必要である。 ムーミン・シリーズには、ムーミンのほか、スノーク、ミムラ、ヘムル、フィリフヨンカ、はい虫(むし)などの架空の生物が登場する。
ムーミンの登場人物
ムーミンの登場人物(ムーミンのとうじょうじんぶつ)では、小説『ムーミン』およびその派生作品に登場するキャラクターを解説する。 作者であるトーベ・ヤンソンは小説、絵本、新聞連載漫画、戯曲など様々なメディアで「ムーミン」シリーズの作品を発表したが、共通する登場人物であってもその性格付けや人間関係などが作品ごとに異なることがよく見られ、一度あるメディアで発表した作品を別のメディア向けに書き直す場合、ストーリーラインさえ大幅に変更していた。さらにアニメーションなどの二次著作においては、第三者の意図によりさらなる改変が加えられている。したがって登場人物について解説を加える際、どの作品に準拠しているのかを明確にしないとしばしば咬み合わない。本項目は現在、小説版、コミックス版、アニメ版、その他の設定が必ずしも準拠する作品を明示することなく入り混じった表記になっているため注意が必要である。 ムーミン・シリーズには、ムーミンのほか、スノーク、ミムラ、ヘムル、フィリフヨンカ、はい虫(むし)などの架空の生物が登場する。
ムーミン (AV男優)
ムーミン(1983年6月3日 - )は、日本のAV男優である。愛称は、ムーミン、ムーちゃん。東京都出身。2013年11月17日にモデル名が「ムータン」に変更されたことが告知された。 デビューは2000年代後半頃で、女性向けAVにも出演する男優。本名は阪本隆太。AV業界に入るきっかけは撮影現場を見学しに行って、監督にスカウトされたこと。仙台や博多までナンパするADのような仕事から始めた。2010年2月4日発売SILK LABO作品【東京恋愛模様】で鷹宮りょうと共演の年下彼氏役が好評で一気にブレイク。女性に人気があり、鈴木一徹・月野帯人とともに「エロメン三銃士」と呼ばれている。また、ここに志戸哲也が加わり「エロメン四重奏(カルテット)」と呼ばれることもある。 芸名のムーミンは自身の誕生日が6月3日であることに由来する。 6と3を生かしたモジャモジャ頭の顔の形のようなサインをする。 見た目の特徴としては、小学生から20歳頃までのあだ名は「チン毛」だったと言うほど綺麗にかかった天然パーマの髪の毛と、太くてしっかりした眉毛と、長くて可愛らしいまつげ。
ムーミン (曖昧さ回避)
ムーミン
ムーミン。フィンランドの児童文学作家、トーベ・ヤンソンの小説「ムーミン#ムーミン・シリーズ ムーミン・シリーズ」に登場する生き物。
ムーミン・トロール。ムーミン・シリーズおよびアニメ化作品の主人公。
『ムーミン (アニメ)』。1969年-1970年と1972年に放映された日本のテレビアニメシリーズ。
『楽しいムーミン一家』。1990年-1991年にテレビ東京系列で放映された日本のテレビアニメシリーズ。
『楽しいムーミン一家 冒険日記』。1991年-1992年にテレビ東京系列で放映された日本のテレビアニメシリーズ。
『楽しいムーミン一家 ムーミン谷の彗星』。1992年に公開された映画。
MOOMIN。日本人のレゲエ歌手。
19世紀のインドの詩人。ウルドゥー語の詩で有名。

ムーミン谷の冬
『ムーミン谷の冬』(むーみんだにのふゆ)(スウェーデン語原題Trollvinter)は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説。一連のムーミンシリーズの5作目で、原作は1957年、日本では1968年に講談社から刊行された。彼女は前作『たのしいムーミン一家』で既に名声を得ていたが、この作品が特に評判をとり、国際アンデルセン賞作家賞を得た。
ムーミン一家では11月から4月までの長い冬、冬眠をすることが先祖からの慣わしであった。しかしある年、なぜかムーミン・トロールだけが眠りから覚めてしまう。ムーミン・トロールにとって初めての冬は、たくさんの不思議で溢れていた。
トーベ・ヤンソン
国際アンデルセン賞
児童文学
各国の小説
ムーミン
bg:Омагьосана зима

ムーミンパパ
ムーミンの登場人物(ムーミンのとうじょうじんぶつ)では、小説『ムーミン』およびその派生作品に登場するキャラクターを解説する。 作者であるトーベ・ヤンソンは小説、絵本、新聞連載漫画、戯曲など様々なメディアで「ムーミン」シリーズの作品を発表したが、共通する登場人物であってもその性格付けや人間関係などが作品ごとに異なることがよく見られ、一度あるメディアで発表した作品を別のメディア向けに書き直す場合、ストーリーラインさえ大幅に変更していた。さらにアニメーションなどの二次著作においては、第三者の意図によりさらなる改変が加えられている。したがって登場人物について解説を加える際、どの作品に準拠しているのかを明確にしないとしばしば咬み合わない。本項目は現在、小説版、コミックス版、アニメ版、その他の設定が必ずしも準拠する作品を明示することなく入り混じった表記になっているため注意が必要である。 ムーミン・シリーズには、ムーミンのほか、スノーク、ミムラ、ヘムル、フィリフヨンカ、はい虫(むし)などの架空の生物が登場する。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)
スポンサーリンク