「朗音!真空管アンプの愉悦」アンプキットを組み立てました。

ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットとブースカ

昨年、予約注文で購入したラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットを組み立てました。組み立てはネジどめが主であって、あっという間にできてしまいました。

予約注文していた朗音!真空管アンプの愉悦: 特別付録:ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットが発売日の12月19日に届きました。 商品到着前日(12月18日)に購入先の楽譜ネッツより、...

組み立て説明書には記載されていないワッシャー

説明書通りに組み立てるとワッシャーが一つ余るとアマゾンのレビューにありました。

ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット アース用ネジどめ部分

実際に組んで行くと、シャーシー底板と完成基盤にアース用のネジを締める部分にワッシャーを使用することだと分かりました。

ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット アース用ネジどめ部分にワッシャーを使用

別にワッシャーの有る無しで問題が生じるわけでもないのですが、一応ワッシャーを咬ませてネジどめをしました。

使用工具について

ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット 使用工具
使用工具はプラスドライバーのみです。

ネジでシャーシに溝を切るタッピングネジなので、ネジを押し込みながらドライバーを回していきます。

軸の長いドライバーより軸が短くて握りこんで力を込めて回せる小さなドライバーが使いやすかったです。

仮組、仮止めはハンドドライバーを使いましたが、本締めにはインパクトドライバーで。圧倒的に早くて楽です。

インパクトドライバーは使い慣れていないとネジ山をなめてダメにする可能性もあるのでお薦めはしませんが。

通電確認

ラックスマン製 真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キット 通電確認

シャーシの固定ネジを全て本締めして、電源アダプターを接続。

自分で全てのパーツをハンダ付けしたわけでもないので完成したという喜びも充実感もありませんが、スイッチを入れると真空管に赤い灯が灯ります。

二つの入力系統

このアンプは入力が二系統あるので、ひとつはBluetoothのオーディオレシーバー。もうひとつはCDプレーヤーに繋ごうと考えています。

これまで使っていたエレホビー真空管アンプキットのTU-894は入力が一系統しかなかったのでCDプレーヤーを使用の際はピンプラグの抜き差しが面倒でしたが、二系統になってスイッチ一つで楽に切り替えられるのはありがたいです。

肝心なサウンドについて

完成したラックスマン製の真空管アンプには2017版のStereo編 スピーカー工作の基本&実例集QWT型エンクロージュアを接続。

気になる音ですが、よくわかりません。良いのか悪いのか。

「Stereo編 これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の特別付録6cm型フルレンジ・スピーカーユニットとの組み合わせを狙って作られたQWT型エンクロージュア・キットを組み立てました。 順を追...

普段から色々なアンプやスピーカーを使って様々な音を聞いている人だと些細な違いでも聞き分けられるのでしょうが、そうでない私にはこれまでのTU-894と比べても良く分からないというか、変わらないというか、、、。

長い間、部屋の片隅で眠っていた真空管アンプです。 CDプレーヤーをこのアンプに繋いで音楽を聴いていた時代もありましたが、片方の真空管がダメになりそのまま放置していました。 別にオーディオマニアでもなく普段...

音質を気にして音楽を聴くタイプではないので、音に関しての能書きはマニアの方たちが熱く語っていらっしゃる製品レビュー等にお任せします。

真空管を交換したり、コンデンサを取り換えることでカスタマイズもできるみたいですが、真空管は寿命が来るまでおそらくこのままで、コンデンサの交換もないですが、普段気軽に音楽を楽しむには手頃なアンプだと思います。

スポンサーリンク