Yahoo! BB ADSL 12M 通常タイプからCATVシンプル!10Mに乗り換える。

ケーブルモデム
インターネット接続サービスのプロバイダを長年お世話になってきたソフトバンクのYahoo!BBから地元のケーブルテレビのサービスに変えた。

これまで「ADSL 12M」だったのが、「CATV 10M」となり数字だけで比べると速度は劣るのですが、実際の回線速度は大幅にパワーアップ!

それに加えて料金はおよそ半分程度に大幅のプライスダウン!

良いこと尽くめなのでした。

Yahoo! BB ADSL 12Mの回線速度に愕然とする。

以前から回線速度が相当遅いことはわかってはいたのですが、改めてプロバイダを変更するにあたり「Yahoo! BB ADSL 12M」の回線速度を測ってみた。

概ね2.5Mから2.6Mくらい。ベストエフォートとはいえば聞こえはいいが、最大速度の12Mに対して2割程の速度しか出ていなかった。

せめて、半値六掛け程度(6~7M)の速度が計測できてもいいんじゃないのだろうか?と、常々思っていた。

インターネットで別に大きなデータを扱うような使い方はしていないので2.5M程度の速度でも取り立ててどうということもなかったのだが、毎月お金を払って受けているサービスなのだから少しはなんとかならないものかとは思っていた。

一時期、光回線への切り替えを勧めるセールス電話がうんざりするほどかかってきた。

ほとんどが通信会社の代理店のアルバイト、パート職員からの電話だろうが、唐突に身分を明かすこともないまま、自分の言いたいことを一方的に話はじめ、時に強引に脅しや噓を交えてのセールストークにはほとほとくたびれた。

光回線にしないと固定電話が使えなくなるとか平気で言ってくるのでした。

昨年も「SoftBank Air」を勧める電話があった。その時はもうすぐADSLのサービスが終了するので「SoftBank Air」に切り替えませんかというものだった。

終了すると言っていたはずの「ADSL」をソフトバンクは既存客を馬鹿にしたような低価格で新規の顧客を未だに集めている。

正直、プロバイダ業務を行うソフトバンクやそれに付随しているであろう関係会社、代理店には不信感しかない。

一刻も早く「Yahoo! BB ADSL 12M」の契約とは縁を切りたいと思っていた半面、契約を解除したり新たなサービスを探して申し込むとなるといまひとつ面倒だし、何を選べば良いのかよくわからないことから新たなプロバイダ契約はずっと先延ばしになっていた。

CATVシンプル!10Mにした理由。

先月、4月のある日、ケーブルテレビの端末であるチューナーを新しいものに交換することがあり(テレビ放送の高画質化に伴い末端の受信装置も取り替えているとのこと。)、その時にケーブルテレビが提供するインターネットの接続サービスについて作業に来られた方に聞いてみた。

ケーブルテレビが提供するインターネットの接続サービスも「ベストエフォート」での回線速度になるので、額面通りの速度を望むことはできないが、実際のところどれくらいの速度になるのかと。

すると「下り10M」のプランでも7~8Mは常時出るという。

「Yahoo! BB ADSL 12M」で2.5M~2.6Mだから、もう即決だった。

「下り10M」のプランには2種類あり、ひとつはウイルス対策が施されてメールアカウントが与えられるもの。もうひとつはウイルス対策もメールアカウントも何もない接続サービスだけのもの。

それぞれ、価格も含めメリット、デメリットはあるのですが、価格の安い「シンプル!10M」というプランにした。

3年毎の自動更新で解約料が常に付きまとうプランなのだが、月額の使用料は「Yahoo! BB ADSL 12M」の半値である。

ゴールデンウイーク明けにケーブル工事ということで、話はその日のうちにまとまり契約完了となりました。

参考 シンプル!10M とは|ちゅピCOM

CATVシンプル!10M 工事完了!気になる回線速度は?

ネット接続のケーブルを二階の屋根から樋伝いに這わせ、一階換気扇の開口部分端から屋内に引き込み壁伝いにモデム設置の室内へ。

昨日、あいにくの雨模様の中ではありましたが工事は屋内外共、一時間少々で無事完了。

いずれは無線LANにするつもりですが、とりあえずこれまで使っていたLANケーブルでモデムとパソコンと接続しました。

気になる回線速度でしたが、いくつかの速度計測サイトでこれまでのものと比べてみた。

数値を見ればわかると思いますが、低い数値が「Yahoo! BB ADSL 12M」で高い数値が「CATVシンプル!10M」のものです。

これらの数値は絶対的なものではないにせよ、また多少の誤差はあるにせよ、「CATVシンプル!10M」では条件さえ整えば9M越の回線速度も望めそうである。

ラピッドネットの11.4Mbpsは「CATVシンプル!10M」のサービス以上の数値である。「Yahoo! BB ADSL 12M」でも3.4Mbpsと盆と正月と親父の命日までもがいっぺんに来たかのような驚きのあてにならない数字である。

Yahoo! BB ADSL Speed Checker

Yahoo! BB スピードテスト

USEN スピードテスト

USEN スピードテスト
USEN スピードテスト | 回線速度・通信速度測定

ラピッドネット

ラピッドネットスピードテスト

Fast.com

FAST スピードテスト
インターネット回線の速度テスト | Fast.com

BNR スピードテスト

BNR スピードテスト
BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

すべての計測結果でこれまでより数値では大幅に改善されたわけですが、実際の体感速度としては劇的に早くなったとかはあまり感じない。数値的に速度が速まったと言われてみれば、ページの読み込みとか少し動きが機敏になったのかなと思う程度。

今後の問題点、後始末について

これでひとまずプロバイダを変更できてめでたし、めでたしのわけですが、まだ最終的には「Yahoo! BB ADSL」の解約が終えていない。

「Yahoo! BB ADSL」を解約することでこれまで使っていたメールアドレスが消滅してしまうというこれまた厄介なことがある。

ネット上のほぼすべての利用しているサービスでメールアドレスを変更しないといけない。

それ以前にこれからのメールアドレスをどうするか? フリーメールを使うのか? さくらのレンタルサーバを使っているのでそこでメールアドレスを作るか?

今後のことも考えて早いとこ解決しないといけないし、今まで使っていたADSLのモデムはどうやらこちらの送料負担で送り返さねばならないらしいし、、、。

今週中にはすべての手続きが完了できるようにしたいものだ。

スポンサーリンク