ゴンチチのFlowが弾きたい|でも伴奏のアルペジオが全然弾けない

gontiti_duo
Gontitiのアルバム、DUOに収録された「Flow」という曲が弾きたくて先日アマゾンで中古品のCDと譜面を手に入れました。

一般にこの種の譜面は特に古いものや絶版ものは法外な価格で取引されているみたいですが、今回のものは出版時のほぼ定価で中古とはいえ綺麗なものが購入出来ました。
ちょろっとコピーしてみたけど伴奏のアルペジオが上手く弾けない。

単音弾きの主旋律はただ音を鳴らすレベルであれば余裕(演奏レベルには程遠いもの)なのですが、伴奏のアルペジオは別に複雑なことをしているんじゃないけど、自分の技量だとむずかしい。

押さえるコードが多少テンションコードというのもあるけど、特にコードの押さえ方に頭を悩ませたり、指がつる思いで指を開いたり伸ばしたりとかもないんですけどね。

聴いているぶんには簡単そうなんですが、いざ自分で弾くとインテンポで淡々と弾き続けるのは現時点では無理。
何度も何度も繰り返し練習しないと一曲通して弾けそうもない。


「Flow」という曲を練習していて苦戦しているコード。
ポジショニングは違うけど共にA♯6というコード。
「指板図くん」ではA♯6という表記になっているけど、自分にはB♭6という方が感覚的にわかりやすい。

左のやつは1フレットをセーハしてしまえばごくごく一般的なセブンスコード。
これをセーハで押さえずにルートのB♭だけを人差し指で押さえるんですが、慣れるまでこれがなかなか出来ない。3弦の開放弦が時に人差し指に、時に薬指に邪魔されてミュートされる。

右の押さえ方などは致命的でコードチェンジしようにも、今までこんな押さえ方などしたこと無いんで瞬間的に押さえられない。
どうしても頭で押さえ方を整理しながら押さえようとするので一瞬もたつく。
指に覚えこませないと無理!

昔々、はじめてギターを手にして必死に練習していた頃の「Fのコード」を押さえる時の感覚が蘇るような感じ。
伴奏のアルペジオさえちゃんと一曲通して弾けるようになれば
多重録音で「ひとりゴンチチ」が出来るんだが、いつになることやら。

期待はずれ!使えない!買って失敗!アコギ用ピックアップの記事を書いた後に
安物だけど普通のマイクを買って録音準備だけは着々と進んでいるのですが、、、。

ゴンチチの「Flow」をご存じない方はYoutubeで
「gontiti flow」とか「ゴンチチ Flow」で検索してみてください。
本家ゴンチチの演奏はないかもしれないけど一般の方のコピーやカバーはあると思うので。

スポンサーリンク