週刊 スター・ウォーズ R2-D2 一部地域で2017年5月23日創刊!

週刊 スター・ウォーズ R2-D2

映画さながらの機能を細部まで精巧に再現した1/2スケールの「週刊 スター・ウォーズ R2-D2」が岡山・香川地区、宮城で試験販売が始まった。

2017年11月3日 追記

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンのプレスリリース(2017年10月31日 17時24分)精巧な1/2スケール!本格的多機能ドロイド!週刊『スター・ウォーズ R2-D2』2018年1月4日創刊

週刊 スター・ウォーズ R2-D2 2018年1月4日創刊
映画さながらの機能を再現した究極のモデルを組み立てるパーツ付きマガジン!

プログラムされた言葉で呼びかければ、声に反応してR2-D2の言語(電子音)で応えてくれたり、専用アプリをダウンロードして、AndroidスマホやiPhone、タブレットからR2-D2を操作できたりと、コミュニケーションがとれるようになっている。

気になるお値段は総額でいくらになるのか?

週刊 スター・ウォーズ R2-D2は全100号で完結となっており、創刊号は特別価格499円(8%消費税込)、2号以降通常価格は1,998円(8%消費税込)となっているので計算すると、

499円+1,998円×99=198,301円

総額 198,301円(8%消費税込)となります。

参考 週刊 スター・ウォーズ R2-D2 よくあるご質問

海外での「スター・ウォーズ R2-D2」

ひと足早くイギリスではR2-D2が発売されている。

1st PACK AT £9.99 & + FREE DELIVERY This new magazine series celebrates the amazing technology of STAR WARS SAGA. Follow in the footsteps of the master film pro...

イギリスでのR2-D2組み立てサポート動画。

再生リストからの動画なので連続して組み立ての過程がわかる。

再生リストをクリックすると再生リストを表示され、現在までアップロードされている動画の一覧が表示されます。

購入を検討されている方など参考にどうぞ。

アメリカのModelSpace USAのコマーシャルビデオ。

R2-D2は全国発売されるのか?

今年1月に「週刊 ムーミンハウスをつくる」が宮城・岡山・香川県で創刊されていたのですが残念なことに休刊となりました。

週刊 ムーミンハウスをつくる 定期購読終了

先日から再び創刊となった「週刊 マツダ・コスモスポーツ」のようにまたいつか、日の目を見る日が来るのでしょうか?

「週刊 ムーミンハウスをつくる」が2017年1月24日に創刊。 と言っても一部地域(宮城・岡山・香川県等)での先行試験販売ですが。 もし、全国発売となるなら6月末から7月初旬辺りじゃないかと予想します...

今回創刊された「週刊 スター・ウォーズ R2-D2」もとりあえず試験販売なので、この先どうなるかはわからないですが、根強い多くのファンを抱えている映画のキャラクターですし、ほぼ全国での発売は間違いないのでは?あくまでも、当てにならない個人的予想ですが。

スター・ウォーズ関連の「週刊 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」が今年の12月頃に完結しそうなので、その後だと年末から年始にかけての全国発売も考えられなくもないのですが?

さて、どうなることでしょう。

6月にはロビ2の発売もありますし、4月には「週刊 鉄腕アトムを作ろう」の発売もありました。これにR2-D2も発売となれば、今年はロボットの当たり年ですな。

今朝、新聞広告で知った! 「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」本日創刊だそうです。 「週刊 ロビ2」が2017年6月6日創刊と先日アナウンスがあったばかりのこのタイミングで「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」の創刊。...

おまけ R2-D2をペーパークラフトで作る!

プリンターのインク代も馬鹿にはなりませんが割とお手軽にR2-D2ができちゃいます。

流石にギミック満載とはいきませんが、手の込んだ難しい作りのものから簡単なものまであるのでいろいろ探してみてはいかがでしょうか?

R2-D2 WikipediaAPIより

R2-D2
R2-D2(アールツーディーツー)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクター(ドロイド)である。 アールツー(R2)という愛称でも呼ばれる。宇宙用のアストロメク・ドロイドであり、C-3POの親友でもある。スター・ウォーズで関連商品が最も販売されたキャラクターである。 R2-D2は、ナブー王室専用機に備え付けられた宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイドである。高度な電子頭脳を持ち、宇宙船等の操縦、電子、機械修理からソフトウエア航法ナビゲート・機関制御・暗号解読からクラッキング、ホログラム映像の録画再生や送受信および転送、膨大な量のデス・スター設計図を丸々コピーする程のメモリー能力等、様々な機能を持兼ね備えている。真空の宇宙空間から灼熱の砂漠や極寒の雪原・果ては水中まで、高い環境適応力で活躍できるように設計されている。 そのボディのコンパクトさにもかかわらず、装備も非常に豊富である。手の代わりとなる2本のマニピュレーターはもとより、ホロプロジェクター、電気溶接機やサーキュラーソー等の各種工作機械、標準仕様の汎用通信ソケット、ヘリスコープ、信号受信用パラボラアンテナ、消火器、さらには自衛用のスタンガン、飛行用ジェットを搭載した高圧力ブースターまで搭載している。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)
スポンサーリンク