ジオラマ駐車場の拡張工事完了。収容台数4台から7台へ!

駐車場大型拡張

収容台数4台の駐車場を7台駐車出来るように拡張工事を行いました。

現実の工事とは違い紙のジオラマなので工事は即日完了。

早速、クルマを並べて記念撮影。

拡張工事の材料調達

先日作ったのはプリントした紙のままでペラペラの状態だったので、今回はカラーボードに貼り付けて補強し丈夫なものにすることにしました。

貼れるボード ボンド発泡スチロール用

ボードはシートをめくればすぐに貼り付けられる「貼れるボード」と言うのがあったのでこれを使うことにしました。

ボード同士を接着する場合も考えて発泡スチロール用のボンドも用意。

旧駐車場ジオラマ

初回版はまだフォトショップの扱いが良くわからなくて、感覚だけで壁の高さを調整したので、背面の壁と右側の壁の高さが違うことになっている。

これくらいのお遊びジオラマなら少々寸法の狂いがあっても構わないのですが、フォトショップの勉強も兼ねて今回はきちんと縦横の比率を電卓で計算しながら、すべて数値入力で整合性の取れた画像になるよう心掛けました。

駐車場の拡張工事 設計施工

ebay Diorama parking

毎度のことながら、ebayの商品画像をフォトショップに取り込み、切ったり貼ったり。

最近、プラモデルやミニカーを飾る時にちょっとした背景となるような、お手軽簡単な物をあれこれネットで物色しています。 あまりお金をかけずにやろうとすると無料でダウンロードできるペーパークラフトあたりに...

コピー&ペーストで8台分の駐車スペースを難なく確保。

Photoshop 拡張パーキング

素人目にも不自然に感じられるところは、コピースタンプツールでペタペタやりながら修正。

多少戸惑いながらも完成!
しかし、A4用紙で印刷すると7台分までしか印刷できない。

分割印刷で繋ぎ合わすこともできますが、A4用紙一枚で印刷できる範囲いっぱいの7台分でプリントアウト。

駐車場 拡張版ジオラマ

カラーボードで補強することでしっかりしたものが作れました。

でもこのカラーボードには反りがあり、扱いの良いものではありませんでした。(ボード同士の接着に苦労しました。)

まあ、100円均一の商品なので文句も言えませんが。

完成 記念撮影会

No.1 青空(蛍光灯)の下で

日産 フェアレディZ、トヨタ2000GT、日産 スカイライン HT 2000 ターボ RS
4台から7台に収容台数を増やしたのに、たった3台の写真と言うのもなんですが、蛍光灯の下で撮ったミニカーの写真に、最近覚えたグラデーションツールで作った空に見立てた画像の合成写真。

No.2 稚拙な合成

合成 写真(vanilla)
勢いで風景写真と合成した。カラーのままだと合成感が見え見えだったので、モノクロにして合成感を多少でも薄め様と努力はするも、根本的な不自然さはごまかせません。

No.3 Hot Wheels

'72 Ford Gran Torino Sport、'68 Plymouth Barracuda Formula S、Custom Datsun 240Z、'67 Shelby GT500

左から’72 Ford Gran Torino Sport、’68 Plymouth Barracuda Formula S、Custom Datsun 240Z、’67 Shelby GT500。

1台当たり150円程度のミニカー。Hot Wheelsの詰め合わせセットから抜粋。

No.4 青空駐車場の拡張工事完了

青空駐車場の拡張工事完了 収容台数4台から7台へ

とりあえず7台の駐車スペースを埋めてみた。

おまけ 未舗装の駐車スペース

未舗装の駐車スペース

これもebayからの自家製海賊版、紙のジオラマ。
ピンぼけで写真ではよくわかりませんが、砂地に板塀(板壁)のジオラマです。

新旧駐車場ジオラマ

スポンサーリンク