あったかいんだからぁ♪|弾けなくても弾いた気になれる弾き語り

最近よく耳にする「あったかいんだからぁ~」というやつ
唄っているお笑いタレントの顔と歌声のミスマッチがウケているのか?
その辺はよくわからないけど、面白そうなんでちょっと遊んでみました。


「あったかいんだからぁ♪」というフレーズが妙に耳に残るこの曲
はじめに聞いた時、「あっ!この曲のコード進行あのパターン!」と思ったのです。
まあ、パクリとかそんなんじゃないんだけど。
多分、わたしと同じ思いをした方は日本全国に数万人から数十万人はいたのではないのでしょうか。
(そこまで多くないかもしれないけど。)

いきなり曲のはじめから、この曲を印象付けるコード進行です。
順番に♪(音符のマーク)をクリックしていけば、
とりあえず伴奏になるので歌いながら遊んでね!

1小節ごとにコードチェンジしていきます。
黄色の部分は1拍目と3拍目でそれぞれコードチェンジ。
ストロークの速度が若干ゆっくり目なので、
それに合わせてオリジナル曲のテンポよりゆっくり目でお願いします。
マウスクリックだけで「あったかいんだからぁ♪」を熱唱してくださいませ!
ギターが弾けない人でも弾き語り気分を中途半端に満喫できるでしょう?
ギターが弾ける人はまどろっこしいので自分でギターを弾きましょう!
でもこの曲ワンコーラスごとにキーが半音ずつ高くなっていくみたい。
ギターで弾くにはめんどくさい曲かもよ。
お遊びでワンコーラス歌う分なら問題ないけど。
さて、冒頭の「あっ!この曲のコード進行あのパターン!」というのは
曲の初めの部分のメジャー⇒オーギュメント⇒シックスを指します。
上の指板図くんを見ても3弦だけがの開放弦から1フレットずつ
半音刻みに上昇していくのがわかると思います。
体系化された音楽理論の中のひとつだろうけど面白い音の動き。
浜田省吾の「ラストショー」はまんまこのパターンだし、
竹内まりやの「不思議なピーチパイ」のイントロ部分は
メジャー⇒オーギュメント⇒シックスからの前に戻ってのオーギュメント。
探せばこういったパターンは他にもあると思うよ。
しかし、浜田省吾や竹内まりやの曲は平成世代にはちょっとわかりにくいかもね。
興味ある人はYouTubeあたりで検索してね。

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク